あるアストルティアには

伝説の

絵巻物があると聞く。

そして・・・彼もまた・・・


にほんどらくえはなし


※これは遺伝子のシナリオの中の人に絵を描いてって言われてアレしたなんやらみたいなネタです

~なぉさん~よいこだねんねしな~
そ~らもう~みもアストルティア~あぁぁぁぁぁ

押そうか↓
banner (1)




9832f426-s

リーディング・ウエディ
「はいっ!始まりました、この出張シリー・・・・・ズっとも・・・だよっ・・!

 りりりりりりりリリリリリディーン・・・ピーガガガドワチャッカカカカ。。。っぼん!」

453904988087
なぉ
「えっなんなんこいつ、人の家にいきなり来て壊れよった、てかだれ」

9832f426-s

リーディング・ウエディ
「・・・ピーガガガカカカ。。。ナォサン・・・実は・・・お助けして欲しいことが・・ガガガ
 実はですね、うちのご主人様である、伝説の遺伝子という御方の存在が
 危うガガガいのですピピピこちらにも追手が」

どどどどどどど
ぐわああああああああああああ



DQXGame 2015-02-09 20-53-56-483


「はっはっは! 

ここまで追い詰めたか・・・・
遺伝子を。。。復活させはせぬぞぉ!リーディングウエディ!

まとめて過去に送り、存在ごと葬り去ってくれるわ!」

453904988087
なぉ
「えっこれ巻き込まれて過去に行く系?
ドラクエ内だけで十分だっつうのに

ぎゃーーーうわあああああああああああ」

DQXGame 2015-02-09 20-54-05-660

「ふ。。。なぉも過去に行ってしまったか・・・美しさが惜しいが、まあよい。
 永遠に・・・さようなら・・・だよっ・・・><」




ぐるぐるぐるぐる





ダウンロード (6)

453904988087
なぉ
「変なところついた」

9832f426-s

「どうやら私たちは数百年前の過去に飛ばされたようですね。

そして。。。この屏風に描かれている
緑の衣を纏い、青き大地に降り立つドワーフこそが・・・
封印された過去の・・・・」

 伝説の・・・

 遺伝子・・・・・・!
 

0003
453904988087なぉ
「どうやって帰ろう」

りーでぃんぐウエディ
「話聞いてる?」

9832f426-s

「ともかく、このドワーフを復活させれば元の世界に戻ることも簡単なはずですよ。

 さあ、屏風から追い出してください!」

453904988087
「ちょっと日本昔話風きた!」

DQXGame 2015-02-09 20-54-05-660

「ふはははは!
 そんなことはさせぬ!させぬわあ!追いかけて来たわぁ!
 
 まとめて死ねぇええええええ」


453904988087
「やばい、ちょっと避けよう」


なんと

敵のエネルギー砲が屏風に当たり・・・

そのダメージを 吸収しはじめた!

ダウンロード (6)

453904988087
(なんか勝手に解決しそうやな)

0003


ぴかぴかぴか。。。

0001

きらきらきら・・・・


0002

なんと!

伝説の 遺伝子が復活し 

空へと飛び立っていった!

980636718773

「ありがとうっすぅ!このご恩は忘れないっす!」


980636718773
謎の遺伝子
「ここまで・・・計画通り!

 ではでは、数百年後、さらに力をためて復活するっす!

 さらば!」

DQXGame 2015-02-09 20-53-56-483

「し、、、しまった! ここまで私が利用されていただけとは・・・くっ・・・」


9832f426-s

「まあ、何をどうしてもあのドワーフを葬り去ることなんか出来ないんですけどね!
 
彼の数百年後の活躍を楽しみにしましょう!

神様から下ネタの名前で怒られるなんてこと、たぶんないんだからねっ!」

453904988087
(そういやうちら、過去から元に戻ってなくない?)


ちゃ~ららら~~~
でででんっ
デデデデン!

ちゃ~ららら~~~~~~~


そして・・・

遺伝子のシナリオ

へ。



conteinew!

453904988087
「あれやな、あっちが大長編のドラクエ3の話だとしたら、こっちは過去のドラクエ1的な。」

980636718773
「そんなたいそうなもんにしないでほしいっす。後々の設定に困るっす」

というわけで、絵を描きました。
せっかくだしこっちでもなんかやろうと思ったらこうなりました。
楽しかったです。なんかまだ描かされそうです。
まる。

banner (1)


0003
0001
0002
IMG_20150224_0001